海上自衛隊の任務





日本は四面を海に囲まれた島国です。
これは、我が国に対する脅威が、常に海を経由してくることを意味しています。
また、資源に乏しい我が国は、国民の生存基盤のほとんどを海外に依存しており、その9割以上が世界中に拡がる海上輸送により運ばれています。
海上自衛隊は、このような地理的・経済的特性をふまえ、海上からの侵略に対し我が国土を防衛するとともに、我が国周辺の海域における海上交通の安全を確保することを主な任務としています。
海上自衛隊パンフレット・・・海上自衛隊より抜粋
















海上自衛隊の艦載電子装備





海上自衛隊は日本の生命線であるシーレーンを死守する事を第一使命としながらも平時では国民の生活を守るために数々の活躍をしています。







今後は諸外国での緊急時における邦人の大量脱出用に自衛艦を派遣する案も検討されており今後も活躍が期待される所です。
又、外国では日本人をターゲットにした事件が多発しておりますが、自衛隊が活躍する事で日本人が安心して外国で活動できる日がくるでしょう。





海上自衛隊は国民の安全を確保する大前提の基に、自然災害が発生した場合でも出動を行い。
組織力を生かした機動的な救援活動を行う事が可能です。





又、日本近海での船舶遭難事故、急病人搬送等でも活躍し、日本人だけでなく外国人に対しても24時間救援に駆けつける頼もしい存在です。
日頃の厳しい訓練の成果で、荒天と言う厳しい状況下においても迅速に行動できるのが海上自衛隊の強みです。




出口

TOPへ復帰